マクラーレン・スピードテールを日本初公開…すでに売り切れ[詳細写真]

マクラーレン・スピードテール(ジャパンプレミア)
マクラーレン・スピードテール(ジャパンプレミア)全 31 枚写真をすべて見る

マクラーレン・オートモーティブは9月14日、マクラーレン『スピードテール』を日本で初公開した。メーカーは「シームレスな美しい流線型に、先進的テクノロジーと圧倒的なパフォーマンスを融合した“究極のロードカー”」を謳う。

マクラーレン市販車史上初の「Hyper-GT」のスピードテールは、2018年10月26日にフォルムとスペックが公開され、すでに限定106台は予約販売を完了している。ちなみに本国イギリスでの価格は税別175万ポンド(2億3400万円)から。

スピードテールはカーボンファイバー製モノケージボディ構造に、かつての『F1』ロードカーにインスパイアされた、中央に配置されたドライバーズシートとその両サイドに配置された2つのパッセンジャーシートを備える。パワートレインは最高出力1070PSのハイブリッドだ。

スピードテールはマクラーレン市販車史上、最速の最高速度403km/h(250マイル/h)をクレジットする。0-300km/h(0-186マイル/h)加速タイムは13秒。

スピードテールはまた、マクラーレン市販車では最もエアロドラッグを低減させたモデルになる。フロントホイールのカーボン・ファイバー製スタティック・エアロカバー、ミラーの代わりとなるデジタル・リアビューカメラ、および特許技術であるアクティブ・リアエルロンが一体となり、優れた空力性能を実現したという。

タイヤはスピードテール専用で、マクラーレンのテクノロジー・パートナーであるピレリが「P-ZERO」を開発した。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV