最高速300km/h超、BMWアルピナ『B3』日本国内販売開始…価格は1229万円より

BMWアルピナ B3リムジーネ
BMWアルピナ B3リムジーネ全 26 枚写真をすべて見る

ニコルレーシングジャパンおよびニコルオートモビルズは、BMWアルピナの新型車『B3リムジーネ』および『B3ツーリング』の型式認証を取得し、日本国内での正式販売を開始した。

新型車は専用ツインターボや高性能冷却システムを備える直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンエンジンを搭載する。最高出力462ps、最大トルク700Nmを発生。ZF社と共同開発した最先端の8速スポーツATとの組み合わせで、最高速度303km/h(ツーリングは303km/h)、0-100km/h加速3.8秒を達成する。また、BMW xDriveをベースにした4WDシステムは、トルクを前後のアクスルに連続的かつ完全に可変配分し、リヤの電子制御式アクティブLSDがコーナリング時のトラクションを最大限に高める。

スポーツサスペンションは、アイバッハ製のスプリング、バンプストッパーと大型スタビライザーを採用。3つの走行モードを用意し、コーナリング時も優れたバランスと安定性を発揮する。可変スポーツステアリングシステムも3種類のモードで特性が変化。優れた直進安定性とコーナリング時の俊敏性、そして快適な取り回しを実現する。

エクステリアは、アルピナならではのスポーティなデザインとした。フロントスポイラーの大型エアインテークには「ALPINA」のロゴがあしらわれ、2組のツインテールパイプを備えたスポーツエキゾーストはリヤエプロンのフォルムに美しく一体化。中央に配置された小型のディフューザーフィンがよりダイナミックな存在感を与えている。

インテリアでは、フロアマットとシートバックレストのメタルエンブレム、ドアシルプレート、製造番号を刻印したプロダクションプレートなど、アルピナのクラシックなディテールがスタイリッシュな雰囲気を演出。また、ヒーター機能を備えたスポーツステアリングホイールはラヴァリナレザーを贅沢に用いた手仕上げとなっている。

価格はB3リムジーネの左ハンドルが1229万円、同右ハンドルが1258万円、B3ツーリング(右ハンドルのみ)が1297万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV