マクドナルド、「アイディアAAカーゴ」の本格導入決定…真っ赤な三輪EVスクーターでデリバリー

アイディア AAカーゴ「マックデリバリーサービス」仕様
アイディア AAカーゴ「マックデリバリーサービス」仕様全 7 枚写真をすべて見る

アイディアは10月5日、「マックデリバリーサービス」の電動三輪バイクとして『アイディア AAカーゴ』の本格導入に関する契約を日本マクドナルドと締結したと発表した。

マックデリバリーサービスは、自宅やオフィスにマクドナルドのクルーができたての商品を届ける、マクドナルド独自の宅配サービス。2010年の初導入以降、対象エリアを順次拡大しており、1都1道2府30県、600店舗で展開されている。

屋根付き電動スクーターのAAカーゴは、大径13インチホイールを前後に装着した独自の三輪構造で、段差や悪路でも安定した走行を実現する。また、フロントスクリーンとルーフを装備し、冷たい雨や厳しい日差しからライダーを保護。ウォッシャー機能付きワイパーを備え、雨天でも良好な視界を確保する。

AAカーゴは、2020年5月より神奈川県で、7月より東京都で、それぞれマクドナルド一部店舗にて「マックデリバリーサービス」の電動三輪バイクとしてテスト導入。走行性能や安全性の検証を経て、本格的な導入が決定となった。

「マックデリバリーサービス」仕様は、車両区分が原付一種(50cc以下)のアイディア AAカーゴ α4をベースに、マクドナルドのコーポレートカラーであるレッドのボディカラーを採用。リバリーボックス両サイドにはハンバーガーやポテトが描かれている。まずは2020年10月中に44店舗で約100台が導入され、年内には約120店舗約320台へと拡大される予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV