ジープ ラングラー、最強グレード「アンリミテッド ルビコン」に装備充実の限定車

ジープ・ラングラー・アンリミテッド・ルビコン・リーコン
ジープ・ラングラー・アンリミテッド・ルビコン・リーコン全 2 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、ジープ『ラングラー』の最強グレード「アンリミテッド・ルビコン」に、さらに充実したオフロード装備と個性的なデザインを施した限定車「リーコン」を設定し、10月17日より200台限定で発売する。価格は629万円。

ルビコンは、高いオフロード性能を誇るラングラーの中でも、悪路で極低速走行を可能とするローレンジギアや専用の4×4システムおよびスタビライザー解除機能など、走破性を強化したハードコアモデルだ。「リーコン(Recon)」とは、偵察を意味する軍事用語。限定車はルビコンをベースに、オフロード走行に役立つ装備やデザイン性を高める独自の装備を付加することで、本格派としての風格をさらに強化したモデルとなっている。

エクステリアは、フロントグリルをブラック仕上げとし、エンジンフードとフェンダーにブラックデカールを採用することで精悍な印象を強めている。さらにブラック仕上げの専用17インチアルミホイールや、岩場などで車体への衝撃を緩和するステップアシスト付ヘビーデューティーロックスライダー、大径タイヤの背面装着に対応するMopar製ヒンジゲートレインフォースメントを装備。機能とともにストイックな雰囲気を高めている。

また、オフロード走行やレスキューに役立つタイダウンクリップや牽引ストラップ、Dリング、グローブがセットとなった「Jeep Trail Ratedキット」も装備する。

ボディカラーは、ターコイズブルーが目を引くビキニP/C(限定100台)と、「サハラ」で好評のグラナイトクリスタルメタリックC/C(同100台)をルビコンに初めて設定する。

インテリアは、ブラックを基調とした上質で落ち着いた雰囲気に、専用のレッドカラーシートベルトやレッドステッチ入りインストルメントパネルをアクセントとして付加。ベース車同様、LEDヘッドライトや8.4インチタッチパネルモニター付オーディオナビゲーションシステム、レザーシート(フロントシートヒーター付)などを装備する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV