ドゥカティ、新型ムルティストラーダV4の生産開始…量産車初のレーダーシステムで二輪版ACC実現

ドゥカティ ムルティストラーダV4の生産を開始した伊ボルゴパニガーレ工場
ドゥカティ ムルティストラーダV4の生産を開始した伊ボルゴパニガーレ工場全 4 枚写真をすべて見る

ドゥカティは10月6日、新設計のV4エンジンと量産車初となるレーダーシステムを搭載する新型『ムルティストラーダV4』の生産を伊ボルゴパニガーレ工場で開始した。

新型ムルティストラーダV4が搭載する前方/後方用レーダーセンサーは70×60×28mmのコンパクトサイズで重量は190g。モーターサイクルデザインと完全に一体化されている。

前方のレーダーセンサーは、アダプティブクルーズコントロール(ACC)の作動を制御する。ACCは30~160km/hの速度で走行中に、前方車両との車間距離を一定に保つように、アクセルとブレーキを自動的にコントロール。高速道路を利用したロングツーリングにて、より快適なライディングを実現する。四輪から派生したACCはモーターサイクル向けにブラッシュアップ。ライダーが車両を常にコントロールできるように、減速と加速に関するシステムの介入は、一定のレベルを超えないように制限されている。

一方、後方用レーダーセンサーは、ブラインドスポットディテクション(BSD)死角検知システムに対し、ライダーの死角に来た車両を検知。ライダーに警告を発し、後方からの危険を未然に防ぐ。

ドゥカティは新型ムルティストラーダV4を11月4日(イタリア現地時間)に正式発表する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • HondaGO BIKE RENTAL
  • 佐川健太郎氏がショーワの技術を体験取材。アフリカツインで両足ベタ着きが可能な「ハイトフレックス」に驚き
  • カワサキ Ninja650
  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ

ピックアップ

Response.TV