ヤマハ発動機、イタリア二輪車エンジン製造子会社を業務提携先へ譲渡

モトーリ・ミナレリ本社
モトーリ・ミナレリ本社全 1 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は10月7日、イタリアで二輪車エンジンの製造を行うグループ会社 モトーリ・ミナレリ(MM社)のすべての発行済株式を業務提携先のファンティックモーター社へ譲渡すると発表した。

ファンティックモーター社は、イタリアで二輪車や電動自転車を製造・販売。今回の株式譲渡は、ヤマハ発動機とファンティック社のパートナーシップ強化が狙い。ファンティック社への株式譲渡契約など一連の手続きはEWC(欧州労使協議会)との協議に基づき、年内完了を予定している。

MM社は、50~400ccの二輪車用エンジンを年間8万基生産しており、同社の欧州二輪車製造子会社MBKインダストリー(仏)に加え、譲渡先のファンティック社を含む、欧州域内の他の二輪車メーカーにもエンジンを供給。MM社とファンティック社との協業は1970年からスタートしている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}