パイオニア、新セキュリティ規格準拠のETC車載器発売 内部突起規制にも対応

パイオニア ND-ETC40
パイオニア ND-ETC40全 1 枚写真をすべて見る

パイオニアは、国土交通省が今後変更する予定の「新セキュリティ規格」に加え、「内部突起規制」にも準拠したスタンドアローンタイプのETCユニット「ND-ETC40」を10月より発売する。

新製品は国土交通省が内装部品形状について定める「内部突起規制」に新たに対応。自動車が衝撃を受けた際に、ドライバーや同乗者を傷つけないよう、より安全な部品形状になっている。また従来モデル同様、国土交通省が今後変更する予定の「新セキュリティ規格」に準拠。規格が変更された後も使用でき、ETC決済情報を安全に保護する。

ETCとしての基本性能も充実。利用料金や利用履歴、ETCカード有効期限などの情報をわかりやすく音声で案内するほか、動作状況を一目で確認できるLEDランプやスッキリとした取付が可能な小型アンテナを採用し、快適なドライブをアシストする。

別売の「ETCユニット取付キット」を使用すれば、純正ETC取付位置に設置することが可能。「ETCユニットブラケット」(別売)を使用することで、曲面などへの取り付けも可能になる。

想定実勢価格(税別)は8000円前後。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV