BMW 7シリーズ 次世代モデルが揃い踏み!シャークノーズに歴代最強の650馬力EVも

BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ。手前がPHEV、奥がEVの「i7」(スクープ写真)
BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ。手前がPHEV、奥がEVの「i7」(スクープ写真)全 15 枚写真をすべて見る

BMWが開発を進める次世代『7シリーズ』に設定されるプラグインハイブリッド(PHEV)、及びフルEVの『i7』市販型プロトタイプを同時にキャッチした。

ライバルとなるメルセデスベンツ『Sクラス』は従来の内燃機関モデルに対し、EV版『EQS』でボディスタイルを明確に差別化、5ドアハッチバックとして登場することが濃厚。一方でBMWは、内燃機関モデルとEVモデルが同じスタイルで市販化されるようだ。

BMW 7シリーズ PHEV次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 7シリーズ PHEV次期型プロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
捉えた2台のプロトタイプはヘッドライトやテールライトはプレースホルダー(仮のコンポーネント)を装着。ボディは完全にカモフラージュされているが、フロントノーズは現行型より前面に出ており、1994年に登場した「E38」を模したシャークノーズ・シルエットを彷彿させる。

EV版のi7(写真奥)は、閉じられたキドニーグリルを装備、エキゾーストパイプは排除されている。またPHEV版(写真手前)は、フロントドアとリアバンパーに「Hybrid Test Vehicle」のステッカーを貼り、クワッドエキゾーストパイプが搭載されていることが見てとれる。

さらに、両サイドのリアフェンダーに開口部が見られる。一つは燃料供給口、もう一方はバッテリー充電口となるはずだ。

BMW 7シリーズ PHEV次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 7シリーズ PHEV次期型プロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
ドアノブは従来のドアハンドルに偽装されている。その下にある実際のハンドルは『i4』のものと似た、張り出しのない形状のものが装着される可能性がある。

i7の最高出力は、BMWの量産モデル史上最強となる650psを発揮、航続距離は最大400マイル(644km)に達する可能性があるという。

7シリーズ次世代型のワールドプレミアは2022年内。電動化バージョンを含む全ての派生モデルが一挙にリリースされると思われる。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】BMW 7シリーズ 次世代モデルが揃い踏み!シャークノーズに歴代最強の650馬力EVも(15枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  6. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
  7. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  8. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  9. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
  10. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
ランキングをもっと見る