ハンディキャップ向けレンタルキャンピングカーを開発へ NEXCO中日本

ユニバーサルデザインレンタルキャンピングカー(参考画像)
ユニバーサルデザインレンタルキャンピングカー(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

NEXCO中日本は10月9日、ユニバーサルデザインレンタルキャンピングカーを地域のパートナーが開発し、車いすユーザーの自由な旅を応援するプロジェクトを実施すると発表した。

プロジェクトは「みんなで行こう レンタルキャンピングカーバリアフリー旅行・キャンプ」。ハンディキャッパーの人やその家族が気軽に旅行を楽しめる社会を目指して、レンタル用ユニバーサルデザインキャンピングカーの開発を支援するもの。

地域のパートナーとしてケイワークスが参加する。クラウドファインティングを10月9日から12月25日まで実施し、100万円の調達を目指す。

NEXCO中日本では、高速道路会社で初めて地域のパートナーとプロジェクトを立ち上げ、クラウドファンディングを活用した新たな人財育成プログラムを構築する取り組みを2016年度から実施している。これまで6つのプロジェクトをクラウドファンディングを実施し、5つのプロジェクトで目標額を達成して地域のパートナーと協働してプロジェクトを実施した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV