トミカビル最新版、史上初の変形ギミック搭載…50周年記念特別仕様を10月17日発売

ダブルアクショントミカビル
ダブルアクショントミカビル全 2 枚写真をすべて見る

タカラトミーは、発売50周年を迎えたダイキャスト製ミニカー「トミカ」シリーズの新商品として、変形ギミック付きパーキングビル「ダブルアクショントミカビル(50周年記念特別仕様)」を10月17日より発売する。

トミカビルは1971年の発売から現在に至るまで愛され続けている「トミカワールド」史上最長のロングセラー商品。「トミカを走らせて遊ぶ」「トミカを並べて遊ぶ」「ビルにデザインされた情景で遊ぶ」「ビルを動かして遊ぶ」などデビュー当時から変わらない遊びのギミックが「トミカビル」の中に凝縮されている。

最新作ダブルアクショントミカビルは、5階建てとなり、トミカビル史上初の変形ギミックを搭載。パーキングエリアの上2段がスライドオープンし、「コンパクトモード」から「ダイナミックモード」に変形する。

モードによってエレベーターの出口が変わり、レイアウトやコースの変化を楽しめる。また、エレベーターは電動でも手動でも遊ぶことができ、トミカが上部に上がっていく様子をさまざまな角度から眺めて楽しめるよう、透明パーツを採用。さらに、パーキングスペースにはトミカを最大30台駐車でき、自由に並べて遊んだり、お片付けにも活用できる。その他、トミカが飛び出すシューターやノズルが動く給油スタンドなど、想像力を広げる様々な情景を散りばめ、自由なストーリーで自分だけの街を創造しながら遊ぶことができる。

価格(税別)は6800円。50周年記念特別仕様パッケージとして、接続どうろ、50周年記念ぬりえ、スペシャル動画アクセスチケットが付属する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV