トヨタなど6社、FC大型トラックの走行実証を2022年春頃より開始

FC大型トラック(車両イメージ)
FC大型トラック(車両イメージ)全 3 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車、日野自動車、アサヒグループ、西濃運輸、NEXTロジスティクスジャパン(NLJ)、ヤマト運輸の6社は10月13日、燃料電池(FC)大型トラックの走行実証を行うことで合意した。

今回の合意は、国内商用車全体のCO2排出量の約7割を占める大型トラック領域におけるCO2排出削減を目指したもの。FC大型トラックはトヨタと日野が共同で開発し、アサヒグループ、NLJ、西濃運輸、ヤマト運輸、トヨタの5社が、2022年春頃から各社の物流業務で使用しながら走行実証を開始する予定だ。

幹線輸送に使われる大型トラックは、十分な航続距離と積載量、短時間での燃料供給が求められる。その電動化では、エネルギー密度の高い水素を燃料とする燃料電池システムが有効であると考えており、今回開発するFC大型トラックは『日野プロフィア』(車両総重量25トン)をベースに、トヨタFCスタック(固体高分子形)や新開発の大容量高圧(70MPa)水素タンクを搭載。航続距離の目標を約600kmとし、環境性能と商用車としての実用性の高次元での両立を目指している。

走行実証に参加する各社は、地球環境問題を重要な経営課題のひとつとして位置付け、製造工程の省エネルギー化や物流業務での環境負荷の低減など、さまざまな活動を進めている。今後は、FC大型トラックの早期実用化に向けた取り組みを加速させ、持続可能な社会の実現に貢献していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV