EVスポーツカーに相応しい音を…アウディ『e-tron GT』にデジタル走行サウンド[動画]

バイオリンやギターなどあらゆる楽器をテスト

ドライブシステムの働きをリアルに伝える音が目標

刺激的なサウンドを発する「サウンドパッケージ」

アウディ e-tron GT のプロトタイプ
アウディ e-tron GT のプロトタイプ全 12 枚写真をすべて見る

アウディは10月8日、現在開発を進めている新型EVスポーツカーの『e-tron GT』(Audi e-tron GT)に、デジタル走行サウンドシステム、「e-sound」を搭載すると発表した。

アウディのすべての車は、モデルごとに、ブランドにふさわしい、バランスの取れたサウンドを車外に向けて発生する。EVスポーツカーのe-tron GTでは、アウディのエンジニアのルドルフ・ハルブマイヤーとステファン・ジゼルの両氏が中心となり、デジタル走行サウンドのe-soundを開発している。

バイオリンやギターなどあらゆる楽器をテスト

アウディのサウンドデザイナーのルドルフ・ハルブマイヤー氏によると、車の音は音楽と多くの共通点があるという。彼は、余暇に曲を書き、プライベートレコーディングスタジオで、すべての楽器を自ら演奏するという熱心なミュージシャンでもある。

アウディ e-tron GT のプロトタイプアウディ e-tron GT のプロトタイプ

ルドルフ・ハルブマイヤー氏は、e tron GTのサウンドの基礎を見出すために、バイオリンからエレキギター、オーストラリアの管楽器のディジュリドゥまで、あらゆる種類の楽器を試した。しかし、それらのどれも、e tron GTのサウンドには相応しくなかったという。

そこで彼は、庭に横たわっているプラスチック製パイプに目を付けた。このプラスチック製パイプは、長さ3m、太さ80mm。彼はパイプの片側に扇風機を取り付け、パイプの反対側で音を聞いた。この時、聞いた深いうなり音が、e tron GTのサウンドの基礎になっているという。

アウディ e-tron GT のプロトタイプアウディ e-tron GT のプロトタイプ

その後、アウディサウンドラボとオフィスのコンピュータを使用して、エンジニアリング作業が行われた。アウディのサウンドデザイナーのチームは、作曲に使うソフトウェアにヒントを得て、プログラムを独自に開発した。このプログラムを使って、周波数を解析し、32音の微妙にバランスの取れたサンプルを作り出した。これらには、シンセサイザーサウンドなどが含まれているという。

ドライブシステムの働きをリアルに伝える音が目標

アウディ e-tron GT のプロトタイプアウディ e-tron GT のプロトタイプ

サウンドの開発作業の大部分は、実車のプロトタイプの車内で行われた。車両の動き、風やタイヤのノイズ、他の車両の音など、実際の走行環境の中で、開発を進める必要があるためだ。

e tron GTのデジタル走行サウンドの開発では、電気モーターの回転速度、負荷、車速、ドライブマネジメントによって提供されるパラメーターに関するデータをベースとした。車両が低速で走行している時、デジタル走行サウンドは目立たず、速度が上がるにつれて、より豊かでダイナミックな音に変化する。アウディによると、人工サウンドではあるものの、ドライブシステムの働きをリアルに伝えることを目指したという。

アウディ e-tron GT のプロトタイプアウディ e-tron GT のプロトタイプ

アウディのエンジニアは、e tron GTの開発段階で130人の顧客を招き、デジタル走行サウンドの開発に取り組んだ。顧客はカーテン越しに、走行するプロトタイプ車両から発生する音を評価し、開発作業に貴重な情報をもたらしたという。

ルドルフ・ハルブマイヤー氏は、e tron GTのデジタル走行サウンドについて、「SF映画から内燃機関や宇宙船を模倣することは意図的に避けた」と話す。その代わりに、スポーティで広がりのある洗練されたサウンドを狙った。これは、クリアで独特なサウンドでもあり、おなじみのサウンドパターンに、新しい未来的な要素を組み合わせたものだ。アウディの音は、モーターやエンジンのサウンドだけではなく、スポーティさ、洗練さ、進歩的なキャラクターの音響表現になるという。

アウディ e-tron GT のプロトタイプアウディ e-tron GT のプロトタイプ

刺激的なサウンドを発する「サウンドパッケージ」

e-tron GTの顧客は、e-soundを聞きたいかどうか、どのように聞きたいか、を自分で決めることができる。e-tron GTには、「AVAS(音響車両警報システム)」と呼ばれる低速走行時の警告音が標準装備される。この警告音は、車両のフロント部分に設置されたスピーカーから発せられる。この警告音は、欧州では20km/h から、北米では32km/hから、徐々に静かになり、60km/hに達すると聞こえなくなる。

アウディ e-tron GT のプロトタイプアウディ e-tron GT のプロトタイプ

オプションの「サウンドパッケージ」は、刺激的なサウンド体験を提供する。ラゲッジコンパートメントに配置された2つのコントロールユニットとアンプが、迫力のサウンドを生み出す。システムは、車体外側のフロントスピーカー、車両内部のリアドア部分のスピーカーで構成される。大型のため、65Hzまでの周波数を正確に再現できるという。

ダイナミックハンドリングシステムの「アウディドライブセレクト」では、e-soundをドライバーの好みに応じて設定できる。エフィシエンシーモードでは、AVAS警告音のみが作動する。コンフォートモードでは、車体外側のリアスピーカーが機能し、最高速の領域まで洗練されたサウンドを届ける。ダイナミックモードでは、車体前後のスピーカーの音が大きくなり、室内のスピーカーのサウンドも追加される、としている。

アウディ e-tron GT のプロトタイプアウディ e-tron GT のプロトタイプ

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  4. MVアグスタ、スーパースポーツバイク『F3 RR』を発表…シリーズ最高峰
  5. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  6. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  7. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
  8. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  9. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  10. アキュラのSUV『RDX』に特別モデル、NSX と同じ工場でハンドメイド…11月米国発売
ランキングをもっと見る