ロールスロイスの国際子どもデザインコンペ、日本人に環境部門の最優秀

日本のSAYA(6歳)の「THE CAPSULE」の原画とロールスロイスによるデザインレンダリング。環境部門の最優秀作品
日本のSAYA(6歳)の「THE CAPSULE」の原画とロールスロイスによるデザインレンダリング。環境部門の最優秀作品全 7 枚写真をすべて見る

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は10月12日、16歳までの意欲的なデザイナーに、将来の夢のロールスロイスを設計してもらう「世界ヤングデザイナーコンペティション」の結果を発表した。

今回のコンペティションは、世界的な新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の中、学校に行けない子ども達に楽しんでもらう機会を提供するのが狙い。未来のデザイナーに、自宅に居ながらにして、想像力と創造性を自由に発揮してもらうことを目指した。

ヤングデザイナーコンペティションはもともと、英国グッドウッドのロールスロイス本社で開催される従業員の家族の日のお祝いイベントにおいて、毎年行われているものだ。創造的な子ども達だけでなく、子ども達を誇りに思う両親や祖父母を喜ばせている。

今回の世界ヤングデザイナーコンペティションには、世界80か国以上の5000人を超える子どもから、作品が集まった。ロールスロイスのデザイン部門が、すべての作品を審査し、テクノロジー、環境、ファンタジー、ファンの4つのカテゴリーで最優秀作品と推奨作品を決定した。

応募作品には、ユニコーン、カメ、宇宙旅行、エジプトのピラミッド、パブロ・ピカソ、マルハナバチに触発されたデザインが含まれていた。作品の多くが、空を飛んだり水中を移動したりすることができる。多くの作品がまた、喜びや娯楽を追求し、人類と環境に利益をもたらすためのデバイスや新しいテクノロジーを提案していたという。

なお、応募者の原画をベースに、ロールスロイスは優秀作品をデザインレンダリング化した。このデザインレンダリングイラストは、優秀者に贈られる。ロールス・ロイス・モーター・カーズのトルステン・ミュラー・エトヴェシュCEOは、「すべての作品に込められたアイデア、努力、創造性には、素晴らしい才能がある。彼らが将来、ロールスロイスなどのカーデザイナーになったとしても、驚かないだろう」と語っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV