210km/hの高速走行は14本…年末年始に実施される北海道新幹線の青函トンネル内高速走行

上下各7本で青函トンネル内の210km/h走行を行なう北海道新幹線。
上下各7本で青函トンネル内の210km/h走行を行なう北海道新幹線。全 3 枚写真をすべて見る

JR北海道は10月14日、12月31日から2021年1月4日までの5日間実施される北海道新幹線の青函トンネル内210km/h走行の詳細を明らかにした。

それによると、対象列車は各日6時30分から15時40分まで青函トンネルを含む奥津軽いまべつ~湯の里知内信号場間を通過する列車で、内訳は下りが『はやて91・93号』『はやぶさ95・1・7・13・19号』、上りが『はやぶさ10・14・18・22・28・32・34号』。すれ違い時の風圧の問題から、これらの列車が走行している間、貨物列車は走行しない。

今回の210km/h走行により、東京・仙台・盛岡・新青森~新函館北斗間の到達時間は現行より3分程度短縮されるが、このうち『はやぶさ7・13号』は東京~新函館北斗間を3時間55分で結ぶ最速達列車となる。

また、新函館北斗駅(北海道北斗市)で新幹線と接続する『はこだてライナー』11本も時刻変更される。

青函トンネルを抜け北海道に上陸した貨物列車。新幹線の210km/h走行中は走行しない。青函トンネルを抜け北海道に上陸した貨物列車。新幹線の210km/h走行中は走行しない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ