デンソー、スマホで運転をスコアリングするアプリ「yuriCargo」を開発

yuriCargo
yuriCargo全 3 枚写真をすべて見る

デンソーは、スマートフォンで運転をスコアリングするアプリ「yuriCargo(ゆりかご)」を開発。企業や自治体にこのアプリを活用してもらい、ドライバーの安全運転意識を高めることを目指す「yuriCargoプロジェクト」を開始する。

yuriCargoは、スマートフォンに内蔵されている加速度センサーやGPSなどの情報で、自動で運転を検知し、急ブレーキや急ハンドル、急加速、速度超過、スマートフォンの操作などを検出。運転終了後に運転スコアを算出することで、安全運転意識を高めるアプリだ。

企業が開発した製品やサービスを他企業が自社ブランドとして販売できるホワイトラベル版や、カスタマイズに必要なツールがパッケージとなっているソフトウエア開発キットを活用し、企業や自治体が所有するアプリケーションやサービスに組み込むことが可能。社員はスマートフォンにアプリをインストールするだけで手軽に利用できる。

yuriCargoプロジェクトでは、企業や自治体が所有する多様なサービスやアプリでyuriCargoを活用してもらい、ドライバーの安全運転に対する意識を高めることを目指す。例えば、スコアに基づいた運転指導の実施や、スコアが高いユーザーと地域の飲食店やモビリティサービスの割引と紐づけなどができる。また、yuriCargoをベースとしたモビリティ関連業務を効率化するアプリの開発や、yuriCargoで取得したデータを安全な街づくりにいかすことも可能になる。デンソーは、ユーザーの声に寄り添い、アプリの改良や機能追加を重ねるとともに、多様な事業者と多様なユースケースを実現し、本プロジェクトが街や地域全体に広がることを目指す。

デンソーでは、2020年7月より社内にて本プロジェクトをすでに開始。約3万人のマイカー通勤者を中心に、より多くの社員が楽しみながら取り組めるよう、運転スコアのランキングの表示やランキング上位者へのインセンティブ提供などゲーミフィケーション要素を取り入れている。また、yuriCargoを活用して独自に活動を始める拠点や部署も出てきており、今後もさらなる安全運転の意識向上を目指し、社員が前向きに取り組める仕組みづくりを進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV