ZF、天然ガストラックの運行を拡大…2025年までに現在の10倍へ

ZFとイヴェコの天然ガストラック
ZFとイヴェコの天然ガストラック全 2 枚写真をすべて見る

ZFは10月13日、イタリアの商用車メーカーのイヴェコ(Iveco)との提携を強化し、ZFが運用するトラックについて、天然ガスを動力源とする車種の運行を拡大すると発表した。

現在の長距離トラックは、ほとんどがディーゼル燃料を使用している。天然ガスで駆動するトラックは、CO2を15%削減し、二酸化窒素を90%削減し、排気粒子を99%削減する。液体天然ガス(LNG)または圧縮天然ガス(CNG)を使うトラックは、騒音が約30%少なくなるという効果もある。

ZFとイヴェコは2018年の終わりに、天然ガストラックのプロジェクトを立ち上げた。 2019年には、3台のLNGトラックを使用して、ZFの工場間のルート配送を開始した。2020年夏からは、物流サービス大手のDBシェンカーが、LNGトラックを使ったZFの工場間輸送を行っている。

ZFはイヴェコとの提携を強化し、天然ガスを動力源とするトラックの運行を拡大する。これは、現在のEUの想定よりも10年早く、2040年までにCO2ニュートラルな企業になるというZFの目標実現に向けた取り組みのひとつになる。

ZFは2025年までに、工場間輸送や長距離物流に200台の天然ガストラックを導入することを目指している。これは、今後5年間で現在の10倍に天然ガストラックを増加させる計画となる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV