空港の除雪車を自動運転化、実証実験を検討へ 国交省

(イメージ)
(イメージ)全 7 枚写真をすべて見る

国土交通省は10月14日、空港の除雪作業の自動化実証実験を推進するため、実証実験への参加者公募要領を審議すると発表した。

国土交通省は、空港運用分野における除雪作業の労働力不足解消を目指し、空港除雪作業の自動化に取り組む方針。2020年度は、空港除雪の省力化・自動化のために重要な技術である自車位置測定技術について、空港の制限区域内での積雪・降雪状況で、実際の運用速度(最高40km/h)で実証実験を実施する。

実証実験の参加者については、別途公募する予定だが、実証実験の実施に当たっての公募要領の検討や、参加者の選定、実施内容の検討及び結果の評価を検討する。これらについて有識者から意見を集めるため「空港除雪の省力化・自動化に向けた実証実験検討委員会」を設置して議論する。

1回目の検討委員会を10月21日に開催する。ミュンヘン空港(2019年1月10日)ミュンヘン空港(2019年1月10日)

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 北海道 経済部(名古屋オートモーティブワールド2020)
  • 日産 ローグ 新型
  • 第3回 名古屋オートモーティブワールド が10月21日に開幕。会場はポートメッセなごや
  • データ計測システム「RoboDataLogger」標準パッケージ
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}