消防車のモリタが「水を制す」…危機管理産業展2020、9年ぶり出展予定

救助用エアボート FAN-BEE
救助用エアボート FAN-BEE全 5 枚写真をすべて見る

モリタは、10月21日から23日に東京ビッグサイトにて開催される「危機管理産業展2020」に出展。開幕に先駆け、出展製品11点の詳細を掲載した特設サイトを公開した。

モリタの危機管理産業展への出展は2011年以来、9年ぶり。今回は頻発する大規模災害に対するソリューションの提案として、「水を制す」をテーマに、救助用エアボート、排水ポンプ関連、災害支援関連、オフロード対応型電動資機材搬送車、救助用小型オフロード車、自立式LED投光器の他、救助用資機材等を展示する。

また今回は「リアル&オンラインのハイブリッド展示会」をコンセプトとしてオンライン上でも同社出展製品を見られるよう、同社ブース内で撮影した動画をモリタ特設サイトにてアーカイブ配信する予定だ。

●救助用エアボート FAN-BEE

最大の特徴は船底の平滑構造。推進器が船体上にあるため水中に突起物が無く、予期せぬ水中障害物、浮遊する瓦礫など、非日常の災害現場でも安全に移動できる。また平滑構造により、浅瀬や中洲(陸地)、氷上の走行も可能。万が一のための不沈構造を有し、救助側の安全も担保する。

●小型オフロード車 Red Ladybug クローラー仕様

近年増加傾向にある地震や土砂災害などでは交通網が麻痺し、一般的な救助車では現場への進入が困難となる。Red Ladybugは高いオフロード能力と輸送力を備え、「突発災害現場」へ自走で進入可能。また、大型特殊車両登録で、通常時でも搬送車両として運用できる新時代の救助車だ。今回はクローラーを装着して展示する。

●折り畳み式電動資機材搬送車 EZ-Raider

コンパクトながら高い機動力を発揮する電動資機材搬送車。電動カートを連結することにより、路面を選ばない走破性と高い搬送能力(本体200kg+カート250kg)を発揮する。ハンドルを折り畳むことでワゴン車等での搬送も可能だ。折り畳み式電動資機材搬送車 EZ-Raider折り畳み式電動資機材搬送車 EZ-Raider

●LED投光器 Nomad

持ち運びも操作も簡単な照明・三脚・バッテリーが一体型のLED投光器。一体型でも約10kgと軽量で、運搬から設置までを一人で行うことができる。照射は3段階の明るさと点滅モードが選択でき、場面に応じた照射が可能。高性能リチウムイオンバッテリーの採用で、高輝度の照射を長時間行うことができる。LED投光器 NomadLED投光器 Nomad

●車両搭載型 ハイブリッド・発電システム

エンジンに取付可能な小型発電機と長寿命リチウムイオン電池を組合せ「いつでもどこでも使える電気」を実現させる発電システム。エンジン停止中もリチウムイオン電池から給電し振動、騒音から解放される。事業用、災害用、その両方を兼用したいなど、さまざまなニーズに合わせ、最適なシステム構成を提案する。

●移動式トイレのニュースタンダード トイレカー

従来の仮設トイレは、設置するのが面倒だったり、水洗の水補給や汚物の処理が大変など様々な問題があった。自走式トイレカーはそのような問題を1台で解決する画期的な車両。見た目もキャンピングカーのような外観のため、誰でも抵抗なく使用できる。移動式トイレのニュースタンダード トイレカー移動式トイレのニュースタンダード トイレカー

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ