【ニューヨークモーターショー2021】8月に延期、EV特設テストコースを拡張へ

スバルブース(ニューヨークモーターショー2019)
スバルブース(ニューヨークモーターショー2019)全 4 枚写真をすべて見る

ニューヨークモーターショーを主催するニューヨーク自動車ディーラー協会は10月19日、ニューヨークモーターショー2021を延期すると発表した。

ニューヨークモーターショー2020は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の影響により、中止された。次回のニューヨークモーターショー2021については、プレスデーが2021年3月31日と4月1日、一般公開が4月2~11日の予定だった。

ニューヨーク自動車ディーラー協会は今回、ニューヨークモーターショー2021を延期すると発表した。新たな日程は、プレスデーが2021年8月19日、一般公開が8月20~29日となる。

ニューヨークモーターショーは、米国で最初かつ最大規模の自動車ショーだ。第1回は1900年に開始され、120年という長い歴史を持つ。

ニューヨークモーターショー2021の特長のひとつが、屋内のEV特設テストコースの拡張だ。1万平方m以上のEV特設テストコースにより、自動車メーカーはさまざまなEVなどをメディアに紹介することができる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV