フィアット パンダ に改良新型、マイルドハイブリッドを全車に拡大…欧州発表

アクティブな顧客に向けたパンダスポーツ

SUV仕様のパンダクロスも設定

新世代のインフォテインメント

1.0リットル3気筒エンジン+12Vの「BSG」

フィアット・パンダ クロス 改良新型
フィアット・パンダ クロス 改良新型全 19 枚写真をすべて見る

フィアットは10月20日、『パンダ』(Fiat Panda)シリーズの改良新型を欧州市場で発表した。

改良新型のエクステリアは、新デザインのフロントバンパーやサイドスカート、アルミホイールが特長だ。パンダのデビュー40周年に合わせて登場した改良新型は、外装のリフレッシュにより、新鮮さをアピールしている。

アクティブな顧客に向けたパンダスポーツ

改良新型には、新グレードとして、『パンダスポーツ』が設定された。現在、『500X』、『500L』、『ティーポ』の各車に用意されている「スポーツ」が、パンダにも拡大展開されている。

パンダスポーツには、黒と赤のツートーンカラーの16インチアルミホイール、ボディ同色のハンドルとドアミラーカバー、グロスブラック&ブラックを組み合わせたルーフ、専用クロームのスポーツロゴ、専用のマットグレーのボディカラーが採用された。フィアット・パンダ スポーツ 改良新型フィアット・パンダ スポーツ 改良新型

インテリアは、チタンカラーのダッシュボード、エコレザーを使用した専用ドアトリム、ブラックのルーフライナー、ダークグレーのシート、テクノレザー、ファブリックのサイドパネルなどが装備された。

さらに大胆なイメージを求める顧客に向けて、「パンデモニオパック」をオプション設定した。赤いブレーキキャリパー、赤いステッチが施されたテクノレザーステアリングホイールなどが装備されている。

SUV仕様のパンダクロスも設定

改良新型には最上位モデルとして、『パンダクロス』が設定される。SUV仕様のパンダクロスでは、バンパー、フォグランプ、フェンダーエクステンション、ルーフバーなどが専用デザインとなる。前後バンパーにはサテンチタニウム塗装のアンダーガードを、ボディサイドにはシルバー塗装のサイドガードを装着した。タイヤサイズは185/65R15で、最低地上高は160mmを確保する。2WDの「4x2」と4WDの「4x4」が選べる。

改良新型パンダクロスは、スタイリッシュな新形状の15インチアルミホイール、フロントのダブルレッドの牽引フック、クローム塗装のスキッドプレート、ルーフラック、サイドショックアブソーバーバンドが特長だ。ボディサイドには、「クロス」の黒いロゴが添えられる。フィアット・パンダ クロス 改良新型フィアット・パンダ クロス 改良新型

リアパーキングセンサー、オートエアコン、レザーステアリングホイールを標準装備した。新しいブラックテクノレザーのドアトリム、リサイクル素材を用いた「ウッディ」ダッシュボードも装備される。ツートーンカラーのシートには、再生プラスチックによる環境に優しい生地を使用した。シートは茶色のサイドステッチ、エコレザー、クロスのロゴで装飾されている。

新世代のインフォテインメント

改良新型には、新世代のインフォテインメントシステムを採用する。DABデジタルラジオを備えた新しい7インチタッチスクリーンだ。Apple「CarPlay」用にセットアップされており、グーグルの「AndroidAuto」とも互換性がある。

Apple CarPlayはスマートフォンの画面を、車載ディスプレイに映し出すことができる。ドライバーは常に運転に集中しながら、電話をかけたり、音楽にアクセスしたり、メッセージを送受信したり、渋滞を避ける走行ルートを選択したりすることができる。フィアット・パンダ 改良新型フィアット・パンダ 改良新型

1.0リットル3気筒エンジン+12Vの「BSG」

欧州で2月、一部のパンダに搭載されたマイルドハイブリッドテクノロジーが今回、パンダの全ラインナップに拡大展開された。

フィアットが開発したマイルドハイブリッドは、最新の1.0リットル直列3気筒ガソリン「FireFly」エンジン(最大出力70hp/6000rpm、最大トルク9.4kgm/3500rpm)に、12ボルトの「BSG」(ベルト一体型スタータージェネレーター)、電気モーター、リチウムイオンバッテリーを組み合わせたものだ。

BSGシステムはエンジンに直接取り付けられており、補助装置もベルトによって駆動する。BSGは、ブレーキおよび減速中のエネルギーを回収し、蓄電容量11Ahのリチウムイオンバッテリーに蓄える。この電力はピーク時に3.6kWの出力を発揮し、加速時などにエンジンをアシストする。

トランスミッションは6速MT、駆動方式はFFとした。この6速MTは、郊外での燃費を向上させる専用ギア比が採用される。

このエンジンには、ストップ&スタートモードが付く。30km/h以下の低速域では、エンジンを停止できる。ハイブリッドシステムに関する情報を表示するモニターには、ドライバーにそのことを知らせる。ストップ&スタートモードは、エンジンをスムーズに再始動する。

高速道路などでの低負荷走行時に、エンジンを停止するコーストモードも採用した。リチウムイオンバッテリーがすべてのサービスに電力を供給し、ドライバーが車両を完全に制御できるようにしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV