日産 フェアレディZ をたっぷり…S30のデザイン開発から代官山のプロトタイプまで

フェアレディZ S30
フェアレディZ S30全 4 枚写真をすべて見る

『driver』(ドライバー)12月号
価格:650円(本体価格591円+税)
発行:八重洲出版

「伝説をまとって、ついに降臨」、『driver』(ドライバー)12月号が日産『フェアレディZ』次期型プロトタイプをみっちり特集している。エクステリア/インテリアプレビュー、開発者トーク、パワートレイン予想、ジャーナリスト&オーナーの見解、歴代解説ほか。

「初代S30デザイン秘話」は一読の価値あり。片山豊、松尾良彦、田村久米雄、原禎一、川又克二、吉田章夫といった名前が初代Zのデザイン開発には絡み、ひろく知られているところよりはもう少し、ヒストリーは絡まっているのだ。

「コンパクトSUV至上主義」では戦国時代となった国内BセグメントSUV市場を展望する。登場するのはホンダ『フィット』、日産『キックス』、マツダ『CX-3』、トヨタ『ヤリスクロス』。エクステリア、インテリア、ドライビング・インプレッションを比較していく。さらにニューモデル紹介としてマツダ『MX-30』、マイナーチェンジでPHEVが設定された三菱『エクリプスクロス』、輸入車のアウディ『Q3』とボルボ『XC40』の試乗と特集は続く。

気になる見出し……●ついに正式発表 / スバル レヴォーグ●インプレッサ&XVはここが進化!●フェアレディZの衝撃●リミテッドは200台限定!/ シビック タイプR●コンパクトSUV至上主義●知られざるマクラーレンの営業スタイル●RAV4 カスタムスタイル セレクション●最新スタッドレス&オールシーズンタイヤ2020-2021『driver』(ドライバー)12月号『driver』(ドライバー)12月号

★出版・編集関連事業に携わる皆様へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介させていただきます。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ