【日本カーオブザイヤー2020-2021】ヤリスやキックスなど、10ベストカーへ進出

スバル・レヴォーグ
スバル・レヴォーグ全 15 枚写真をすべて見る

11月4日、「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を決める第1次選考が行われ、全45台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」が選出された。

今年度は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で、一時はイヤーカーの選出自体が危ぶまれていたが、各種イベントの開催方法、開催場所、開催概要などを見直し、実施へと至った。

10ベストカーに選ばれたのは、国産車がスバル『レヴォーグ』、トヨタ『ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス』、日産『キックス』、ホンダ『フィット』、マツダ『MX-30』の5台。輸入車はアウディ『e-tronスポーツバック』、BMW『2シリーズ グランクーペ』、BMWアルピナ『B3』、ランドローバー『ディフェンダー』、プジョー『208/e-208』の5台。

今後、11月25日から27日に自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員によって最終選考投票が行われ、10ベストカーの中から本年度のイヤーカーが決定。12月7日の最終選考会にて発表される。なお、最終選考会・表彰式の模様は公式YouTubeチャンネルにて生配信される。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ