【MotorTrend】2007年式シボレー デュラマックス、持って帰りたい?ならトラックは君のものだ…ディーゼル・ブラザーズ

ディーゼル・ブラザーズ

懸賞用のトラックもイベントも妥協の二文字はない

2007年式シボレー デュラマックス
2007年式シボレー デュラマックス全 12 枚写真をすべて見る

ディーゼル・ブラザーズ
懸賞用のトラックもイベントも妥協の二文字はない

ヘビーDとディーゼル・デイブの2人が運営するディーゼルトラックのカスタム・販売を行うディーゼル・セラーズでは、定期的にプレゼント企画を実施している。ウェブサイトで5ドル払うと申込みができる仕組みで、過去にはフォード『F650』を6ドアに延長した巨大トラックを懸賞としてプレゼントしていた。今回の懸賞企画の景品となる1台はシボレー『デュラマックス』。一見どこにでもあるピックアップトラックだが、コイツを屈強な軍仕様に仕立て上げるという。

状態の良いベース車両を手に入れ、シャシーやアクスルをカスタムしていたところまでは順風満帆と言えよう。“順調”という言葉を口にすると災が降り注ぐのはジンクスなのか、ここでビッグトラブルが発生した。サスペンションやエンジンの問題ではない。そうクルマが燃えたのだ。
2007年式シボレー デュラマックス2007年式シボレー デュラマックス
不幸中の幸いかエンジンやシャシーにはほとんど損傷はなく、新たなキャブを探すだけで済みそうだ。ただカスタムの期限は1周間後。余裕とは言えない状況だ。クルーのマックスとレッドがジャンクヤードで見つけたデュラマックスは、込み込みで1100ドル。破格の安さでキャブを手に入れ、さあカスタム再開だ。
2007年式シボレー デュラマックス2007年式シボレー デュラマックス
このプレゼント企画。当然景品となるトラックも重要だが、当選者にトラックのキーを渡す懸賞イベントにも力をいれる。デイブが提案したのは、ディーゼル好きを集めてトラックラリーイベントを開き、当選者は自分が当選者とは知らずに参加するというもの。「一緒に泥遊びをしよう!」って誘うらしい。宣伝や会場設営に暇がない。

トラックラリー用の泥ピットやブース、宣伝用の看板にモトクロス。様々な前準備によって当日会場は沢山のディーゼル好きが集まった。もちろん当選者のザックも来ている。7000人以上の応募者の中から選ばれた上、つい最近自身のクルマが壊れたという彼は実に運がいい。デュラマックスを見た感想を聞かれ「乗って帰りたいね」と答えたら「じゃあ君のものだ」って言われたら驚くよね。
2007年式シボレー デュラマックス2007年式シボレー デュラマックス
2007年式シボレー デュラマックス2007年式シボレー デュラマックス
トラックのカスタムも懸賞イベントも、こと派手に大きくすることに関しては、彼らを置いて右に出る者はいないだろう。デュラマックスの他にも、パーツやカスタムトラックの運搬用にレッカー車をカスタムする。無論デカくパワフルになる。それがディーゼル・ブラザーズ流だ。さあ続きはDplayでご覧ください!【レスポンス編集部】

今ならDpalyプレミアムプラン加入で抽選で100名様に1万円キャッシュバック!↓

続きはDplayプレミアムプランで

本編はDplay プレミアムプランで!今だけお得に楽しめるチャンスも!

今ならDpalyプレミアムプラン加入で抽選で100名様に1万円キャッシュバック!↓

Dplayのプレミアムプランで観る

Dplay特設ページへ

《滑川寛》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  6. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  7. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
  8. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  9. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  10. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
ランキングをもっと見る