超軽量199g、高性能カメラドローン「DJIミニ2」発売へ 高度3000mでの4K撮影に対応

DJIミニ2
DJIミニ2全 25 枚写真をすべて見る

DJIは11月5日、コンパクトボディに新機能を搭載した超軽量カメラドローン「DJIミニ2(日本モデル)」の予約受注を開始した。

DJIミニ2は持ち運びに便利な超軽量&折りたたみ設計。重量は199グラム、サイズは折りたたみ時が138×81×58mmの手のひらサイズ。展開時は159×203×56mm(プロペラあり:245×289×56mm)。さらにモーターのパワーアップにより飛行性能も向上させた。最大上昇速度は5m/s、最大下降速度は3.5m/s。風速29~38km/hの風にも耐えられ、最高高度3000mまで飛行できる。軽量ながら1065mAhの容量を持つインテリジェントフライトバッテリーを搭載し、最長18分の飛行時間を実現する。伝送技術はOcuSync 2.0を搭載。前モデル「マービックミニ」の3倍にあたる最大6kmの伝送距離を確保する。

DJIミニ2は、高性能GPSとビジョンセンサーを搭載し、効率的かつ簡単な操作を実現する。1か所で正確なホバリングができるほか、機体下の地面をマッピングして自動着陸をアシスト。カメラからのライブ映像はスマートフォンに送信され、DJIミニ2がどこを飛行し、どちらを向いているのかも正確に確認できる。また安全機能も充実。飛行規制エリアにドローンが入らないようにするジオフェンス機能や、自動でホームポイントまで帰還するRTH(Return-to-Home)機能、最大飛行高度や距離を調整する飛行保護機能などを搭載する。

カメラ部には1/2.3インチCMOSセンサーを搭載。最大4000×3000ピクセルの静止画、最大ビットレート100Mbpsで最大解像度4K(3840×2160)/30fpsの動画をクリアに撮影できる。静止画はJPEG形式のほか、RAW形式でも保存可能。最先端の3軸モーター搭載ジンバルを備え、ブレのない滑らかな映像を撮影できる。また、1080p解像度で録画しながら、4倍ズーム(2倍時はロスレスズーム)も可能だ。

DJIミニ2は、事前にプログラムされた飛行動作をしながら撮影できる「クイックショット」機能を搭載する。「ドローニー」は被写体を捉えたまま後方に、「ヘリックス」は渦巻きのように被写体の周囲を旋回しながら、「ロケット」はカメラを真下に向け被写体を捉えたまま上昇する。「サークル」は一定の高度と一定の距離で被写体の周囲を周回。「ブーメラン」は被写体の周りを楕円形に飛行して動画を撮影し、離陸地点と同じ場所に着陸して撮影を終了。わずか数回タップするだけで、プロ並の動画を自動的に撮影できる。

撮影した映像や静止画は、DJIフライアプリで素早くSNSに共有できる。新モデルでは送信機を使わずスマートフォンを直接ドローンに接続でき、共有したい映像を撮影した後、最大20MB/s(日本モデル最大6MB/s)でダウンロード可能。DJIフライアプリの専用編集ツールで自分好みの編集をしたり、自動的に画質を最適化できる。

DJIミニ2は11月5日より予約受付開始、11月12日より発売する。価格はDJIミニ2、コントローラー、バッテリー(1個)が含まれる標準パッケージが5万9400円。充電ハブ、バッテリー(3個)、専用キャリーケース等を同梱したコンボセットが7万9200円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV