ホンダ『フィット』とプジョー『208』にカーオブザイヤー…日本自動車殿堂2020-2021

ホンダ・フィット
ホンダ・フィット全 5 枚写真をすべて見る

特定非営利活動法人日本自動車殿堂は11月6日、「2020~2021日本自動車殿堂」において、「カーオブザイヤー」をホンダのコンパクトカー『フィット』と開発グループに、「インポートカーオブザイヤー(輸入乗用車)」をプジョー『208/e-208』とインポーターに、それぞれ授与した。

フィットの受賞理由は(1)新世代向け高効率・低燃費2モーター式e:HEV、(2)実用性と安全性に優れたパッケージング、(3)シンプルで快適な先進の安全運転支援システム。次点はトヨタ『ヤリス』だった。

プジョー208/e-208の受賞理由は(1)世界市場向けEV仕様を含めたバリエーション、(2)エレガントにして優れたコストパフォーマンス、(3)意欲的な先進安全技術の導入。次点はアウディ『A1スポーツバック』だった。

カーデザインオブザイヤーはマツダ『CX-30』およびデザイングループに授与された。次点はダイハツ『タフト』。

プジョー208プジョー208

カーテクノロジーオブザイヤーはホンダの「都市型 RWD EV システム(Honda e)」および開発グループに授与された。次点はマツダの「SKYACTIV-Xエンジン技術(CX-30)」。

また、「2020 日本自動車殿堂 歴史遺産車」にはトヨタ/トヨペット『ライトトラックSKB』(1954年)、ホンダF1「RA272」(1965年)、スズキ『ジムニーLJ10型』(1970年)の3車が選定された。

マツダCX-30マツダCX-30

《高木啓》

ホンダ フィットの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  2. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  3. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
  4. MVアグスタ、スーパースポーツバイク『F3 RR』を発表…シリーズ最高峰
  5. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  6. BMW 5シリーズ 次期型デザインを大予想!発売はまだまだ先?
  7. マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ
  8. 【トヨタ カローラクロス】購入者の9割がハイブリッドを選んだ!? その魅力を写真で見る[詳細画像]
  9. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  10. 今ならもっと売れたかも? RVブームに登場したコンパクトカー6選【懐かしのカーカタログ】
ランキングをもっと見る