日本最後のアバルト 124スパイダー、チャリティーオークションに出品

アバルト 124スパイダー
アバルト 124スパイダー全 1 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、アバルトのオープンスポーツモデル『124スパイダー』を2020年をもって販売終了とすると発表。日本最後の1台をチャリティーオークションへ出品する。

アバルト 124スパイダーは、1960年代の初代『124スパイダー』のオマージュとして現在に蘇った日本生まれの最初のアバルト。マツダ『ロードスター』のアーキテクチャーをベースに、生産は同社が本社工場にて行い、スタイリングデザイン、パワートレイン、室内装備・材料、サスペンションおよびステアリングフィールはFCAが独自で開発。2016年10月から約2700台が販売された。

今回、FCAジャパンが保有する最後のアバルト 124スパイダーに特別なバッジとオリジナルスケッチをつけてチャリティーオークションに出品する。落札金額は、アバルトが長年サポートしている、小児がんや重い病気の子どもたちとその家族を力づける活動をしている認定 特定非営利活動法人 シャイン・オン・キッズへ寄付される。

今回提供される特別なバッジは、FCA本社のデザインセンターであるチェントロ スティーレにてこの車両のためだけにデザインされたもの。アルミ素材のプレートに124スパイダーのシルエットと、イタリア語でオンリーワンのモデルを表す「Edizione Unico」、永遠にあなたのものという意味の「Per sempre tua」の文字がアバルトブランドを象徴する赤色で刻まれている。

オリジナルスケッチも、この車両のためにチェントロ スティーレから特別に提供されたもの。アバルト 124スパイダーがモチーフのものと、ファンイベント「アバルト デイズ 2020」で発表される黄金のサソリ『595 スコルピオーネオーロ』がモチーフのものとなる。

オークションは入札方式で、11月13日から29日まで特設サイトにて開催される。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV