「黄金のサソリ」限定200台で予約受注開始…価格は368万円より

アバルト 595 スコルピオーネオーロ
アバルト 595 スコルピオーネオーロ全 15 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、アバルト『595』シリーズに内外装をスタイリッシュに演出した限定車「スコルピオーネオーロ(黄金のサソリ)」を設定し、11月7日より特設WEBサイトを通じて限定200台で予約受付を開始した。

595スコルピオーネオーロは、名車アウトビアンキ『A112アバルト』の限定車として生産された「A112アバルト・タルガ・オーロ」をオマージュした世界2000台限定モデル。タルガ オーロは1979年にわずか150台が生産され、ブラックのボディを引き立てるゴールドのアクセントカラーを特徴とした。

595スコルピオーネオーロは、コレクターズカーともなった当時の限定車のコンセプトを現代風に再現したもので、生産台数は世界限定2000台。アバルト人気が高い日本へは200台が割り当てられる。

エクステリアはブラックを基調に、ゴールドのボンネットステッカーやボディを取り巻くゴールドビューティライン、ゴールド仕上げのアルミホイールを採用。さらにマットブラックのチェッカードルーフやブラック仕上げのブレーキキャリパー、ゴールドのロゴバッジなど、細部にまでボディを引き立てる特別な演出が施されている。

アバルト 595 スコルピオーネオーロアバルト 595 スコルピオーネオーロ

インテリアには、「Scorpioneoro」の刺繍およびスコーピオンロゴをモチーフとしたカモフラージュ柄インサートを備えた専用スポーツシートをはじめ、ブラック仕上げの専用インストルメントパネルや、センターコンソールの限定車ロゴプレートを採用。また、ビーツオーディオシステムを特別装備し、サウンドにもこだわった仕様となっている。

限定車は、「595ツーリズモ」をベースに、ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション(MTA)と5速マニュアルトランスミッション(MT)を用意。さらに右ハンドルに加え、左ハンドルも用意するなど、通常はベース車に設定のない仕様もラインアップする。販売台数は右ハンドルがMT/MTA各60台、左ハンドルはMT/MTA各40台。価格はMTが368万円、MTAが379万円。

アバルト 595 スコルピオーネオーロアバルト 595 スコルピオーネオーロ

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】「黄金のサソリ」限定200台で予約受注開始…価格は368万円より(15枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. ホンダ シビック 新型、高性能版「Si」のティザー…10月19日米国発表へ
  3. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  4. MINI クロスオーバー、内外装「ブラック」の特別仕様車発売
  5. 巨大エキゾーストパイプの迫力!BMW『M2コンペティション』新型を初スクープ
  6. 【ネクセンタイヤ WINGUARD ice2 試乗】タテとヨコのグリップバランスが良いスタッドレスタイヤ…橋本洋平PR
  7. ホンダ CT125・ハンターカブ、新色「パールオーガニックグリーン」追加へ
  8. 進む阪神・大阪梅田駅の改良工事…新1番線ホームが完成、ホーム拡幅への第1歩 10月30日
  9. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  10. ブガッティ『チェントディエチ』、気温45度での耐熱テスト完了…320km/hでの走行も
ランキングをもっと見る