米三菱、ディーラーネットワーク拡大…新グローバルデザイン導入

三菱自動車の米国販売店
三菱自動車の米国販売店全 4 枚写真をすべて見る

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門、三菱モータースノースアメリカは11月9日、米国のディーラーネットワークを拡大した、と発表した。

三菱モータースノースアメリカは、ディーラーネットワークへの投資と拡大を続けており、直近では全米で7か所、新しいディーラーを開業した。7拠点は、フロリダ州マイアミ、アラバマ州バーミンガム、カリフォルニア州フレズノ、ペンシルベニア州イーストピーターズバーグ、ニューヨーク州コマック、カリフォルニア州サンノゼなどに位置する。

さらに、三菱モータースノースアメリカは、全米の4か所のディーラーを全面改装または大幅改装した。これら11拠点には、三菱自動車の「ビジュアルアイデンティティプログラム」と呼ばれる新グローバルディーラーデザインを導入している。

三菱自動車の新グローバルディーラーデザインでは、高品質の空間で、カスタマーエクスペリエンスを向上させることを狙う。ブランドの「Drive your Ambition」というメッセージと連携して、顧客を魅了するディーラーを目指す。

ディーラーの建物には、三菱自動車のブランドカラーを支えるブラック、グレー、レッドのアクセントが配される。新車の購入からサービス、下取りなど、顧客体験全体で高品質なコミュニケーションを実現するために、オープンでウェルカムな空間を演出する。三菱自動車は、世界中のおよそ5000のディーラーに、新グローバルディーラーデザインを導入する計画だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV