えちごトキめき鉄道がデゴイチを公開…和歌山からやってきたD51 827 11月28日

ボイラーと足回りの組立て完了後、ディーゼル機関車とともに転車台に乗ったD51 827。1943年6月に製造されたテンダー式蒸気機関車で、現役時代は米原、中津川、長野の各機関区に配置。現在は圧縮空気により動くことができる。
ボイラーと足回りの組立て完了後、ディーゼル機関車とともに転車台に乗ったD51 827。1943年6月に製造されたテンダー式蒸気機関車で、現役時代は米原、中津川、長野の各機関区に配置。現在は圧縮空気により動くことができる。全 1 枚写真をすべて見る

新潟県のえちごトキめき鉄道は11月28日、同社の直江津運転センター(新潟県上越市)扇形庫で「SL・D51に親しむイベント」を開催する。

えちごトキめき鉄道が、蒸気機関車のボイラー修理で名高いアチハ株式会社から5年契約でレンタルした、D51形蒸気機関車827号機(D51 827)を公開するイベントで、同機は11月1日に有田川鉄道公園(和歌山県有田川町)から直江津運転センターに搬入されている。

11時20分~、12時30分~、13時40分~の3回が入替え制で開催され、各回40人程度を募集する(合計最大150人、1グループ6人まで)。各回の見学時間は50分程度で、当日は直江津駅自由通路に集合する。参加無料。

申込みは11月18日12時まで、専用メールアドレスで受け付ける。抽選制で、11月19日以降に当選が通知される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV