パイオニア、ASEANで高効率物流テレマティクスサービス実証を実施へ

物流計画最適化ソリューションのイメージ
物流計画最適化ソリューションのイメージ全 1 枚写真をすべて見る

パイオニアは11月11日、高効率物流テレマティクスサービス実証事業をタイとメコン地域で12月から実施すると発表した。

現在のASEAN地域の物流は、事業状況や効率性等を定量的に評価するためのデータが少ない。同社が開発する物流計画最適化ソリューションは、輸送状況の可視化に加え、走行映像データを軸に、多角的なデータ分析を行うことで、配送計画と実績の差分要因を抽出する。抽出した差分要因の状況や、規模に応じて計画を自動で見直すため、運行管理者、ドライバーの業務を効率化につながる。

同社は、実証事業を通じてタイとメコン地域の陸上輸送を定量的に計測・評価するとともに、貨物追跡性、定時運行性、安全運行性など各物流パフォーマンスの向上効果を検証する。

実証事業は日本貿易振興機構(JETRO)が公募する「海外サプライチェーン多元化等支援事業 バリューチェーン高度化型」に採択された。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV