常磐緩行線に初のホームドア…2021年度から馬橋駅を皮切りに7駅に導入

柏駅と新松戸駅に整備される従来型のホームドア。写真は中央総武緩行線千駄ヶ谷駅のもの。
柏駅と新松戸駅に整備される従来型のホームドア。写真は中央総武緩行線千駄ヶ谷駅のもの。全 4 枚写真をすべて見る

JR東日本東京支社は11月17日、2021年度から常磐緩行線亀有~取手間にホームドアを導入すると発表した。

同線へのホームドア導入は初めてのことで、2021年度は、7月頃に整備される馬橋駅を皮切りに、10月頃には北小金・北松戸、12月頃には南柏・柏・北柏、2022年2月頃には新松戸の各駅に導入。各駅とも1・2番線に整備され、それ以外の駅は2022年度以降に導入される予定。

2021年度に導入される駅のうち、柏駅と新松戸駅には従来型のホームドアが、その他の駅には「スマートホームドア」と呼ばれる、扉部をフレームのみとした簡素なものが整備される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV