BMWの最上位SUV『X8』、堂々たるデザインが見えた…2列4人乗りラグジュアリー仕様も

BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)全 21 枚写真をすべて見る

BMWが開発中の新型クロスオーバーSUV(BMWはSAV=スポーツ・アクティビティ・ビークルと呼ぶ)、『X8』市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

キャリアカーで輸送中に捉えたプロトタイプは、弟分の『X7』と設計上の類似点があるが、フロントエンドはより平らに見える。またヘッドライトも下部へ装着されている様子が伺えるほか、丸みを持ったボンネットフードも確認できる。

さらに気づくのは、偶数ナンバーを持つSUVにも関わらず、『X4』、『X6』などクーペタイプのスタイリングを取り入れたデザインではないということだ。

ただし、X7と比較すると、ルーフは後方でわずかに下向きのアーチ形状になっており、リアフェンダーもより丸みを帯びていることがわかる。さらにフロントに275/35R22インチ、リアに315/35R22インチの「Pirelli P-Zero」が装着されていることが確認できた。

BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

シートレイアウトは、最大で2列5人乗りまで用意されるが、2列4人乗りのラグジュアリースタイルもセレクト可能だという。

リアエンドには、バンパーに「Hybrid Test Vehicle」のステッカーが貼られており、このプロトタイプがハイブリッドパワートレインであることが一目瞭然だ。おそらく最高出力394ps、最大トルク600Nmを発揮する『745e』(7シリーズのPHEV)と同様のプラグインハイブリッドドライブトレインが流用されるとみられる。

BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

また最強モデルには4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジン+電気モーターを搭載、最高出力750ps以上を発揮すると噂される『X8M』の設定も期待できる。

X8市販型のワールドプレミアは、最速で2021年後半が有力だ。

BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ