Visaカードで運賃のタッチ決済が可能に…京都丹後鉄道に導入、鉄道では初 11月25日から

西舞鶴駅の宮舞線列車。
西舞鶴駅の宮舞線列車。全 2 枚写真をすべて見る

WILLERは11月20日、同社の子会社であるWILLER TRAINSが運行を担う京都丹後鉄道に、11月25日からVisaタッチ決済を導入すると発表した。

国際標準のセキュリティ認証技術を活用しているVisaのタッチ決済は、日本を含む約200ヶ国と地域で展開されており、日本ではタッチ決済対応カードの発行枚数が2020年9月時点で3230万枚を超えている。今回の京都丹後鉄道への導入は、日本の鉄道における初のVisaタッチ決済となる。

導入に際しては、三井住友カードがタッチ決済の導入支援、QUADRACがキャッシュレス運賃決済プラットフォームの提供、ビザ・ワールドワイド・ジャパンがタッチ決済に関するソリューションの提供、三井住友銀行がサービス導入のためのエリア展開協力をそれぞれしており、WILLERは協働してサービスの企画や設計を行なっている。

カードはクレジット、デビット、プリペイドのいずれにも対応しており、交通系ICカードと同様に、駅や車内に設置された読取用端末のVisaタッチリーダーにカードをかざすだけで運賃の決済が行なわれる。1日乗車券などの均一運賃のみならず、GPSを活用することで対キロ運賃の決済も可能となっている。

WILLERではこのタッチ決済について、「今後はMaaSアプリや鉄道、バスを含む様々な交通サービスへの提供も検討しています」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV