トヨタ ヤリス 新型、「セーフティベスト2020」受賞…欧州Bセグ初のセンターエアバッグに高評価

トヨタ・ヤリス・ハイブリッド 新型(欧州仕様)のセンターエアバッグ
トヨタ・ヤリス・ハイブリッド 新型(欧州仕様)のセンターエアバッグ全 13 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車の欧州部門は11月17日、新型『ヤリス』(Toyota Yaris)が「オートベスト(AUTOBEST)」から、「セーフティベスト2020」を受賞した、と発表した。

オートベストは、欧州の新興国を中心とした自動車雑誌の編集者や自動車ジャーナリスト31名で組織されている。そのオートベストが毎年秋に発表しているのが、「欧州オートベスト」だ。

この欧州オートベストにおいて、新型ヤリスがセーフティベスト2020を受賞した。この賞は2020年に欧州で発売された新型車の中から、画期的な安全技術を搭載した車両に贈られるもの。

オートベストは、欧州Bセグメントで初めて、新型ヤリスがセンターエアバッグを標準装備したことを高く評価した。新型ヤリスはセンターエアバッグを搭載した欧州初のトヨタ車。センターエアバッグは側面衝突時に展開し、運転席と助手席の乗員同士がぶつかるのを防ぐ。

トヨタ自動車の欧州部門は、新開発の「GA-B」プラットフォームをベースにした新型ヤリスは、乗員を最大限に保護するための高剛性ボディなど、最新の安全装備をすべて備えている、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV