駐車中に動き出すおそれ、三菱 デリカ D:5 など7556台を追加リコール

三菱 デリカD:5(2016年)
三菱 デリカD:5(2016年)全 2 枚写真をすべて見る

三菱自動車は11月26日、『デリカD:5』など4車種の後輪ブレーキキャリパーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『デリカD:5』、『アウトランダーPHEV』、『アウトランダー』、『RVR』の計4車種で、2016年1月28日~5月27日に製造された7556台。交換修理用部品として出荷し、組付けられた車両が特定できない69個も対象となる。

対象車種は、後輪のブレーキキャリパーにおいて、駐車ブレーキ駆動用シャフトの組み付けばらつきにより錆防止用の塗装が剥がれることがある。そのため、シール部からシャフト部に水が浸入すると、シャフトに錆が発生し、そのままの状態で使用を続けると、シャフトの錆がキャリパー内部まで進行しシャフトの回転が阻害され、駐車ブレーキの制動力が低下し、最悪の場合、駐車中の車両が動き出すおそれがある。

改善措置として、全車両、ブレーキキャリパーを確認し、対策前品の場合はブレーキキャリパーを対策品と交換する。

改善箇所改善箇所

不具合は11件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

三菱自動車は、2018年1月25日付けで、今回の不具合についてリコールを届け出ているが、対象外とした一次対策品について当該リコールと同様の不具合が発見されたことから、対象範囲を追加し、再度リコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

三菱 デリカD:5の燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  2. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  3. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  4. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
  5. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  6. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  7. GT-Rを生んだプリンス自動車をご存知ですか?
  8. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  9. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
  10. メルセデスベンツ EQT、2022年市販化の『Tクラス』を示唆…IAAモビリティ2021
ランキングをもっと見る