3Dライダーを活用した交差点監視システム 実証実験をひたちBRTで実施へ

PSSIが開発した3Dライダー 2020モデル
PSSIが開発した3Dライダー 2020モデル全 2 枚写真をすべて見る

茨城交通、みちのりホールディングス、パイオニア子会社のパイオニアスマートセンシングイノベーションズ(PSSI)は11月26日、ひたちBRT中型自動運転バスの実証実験で、3Dライダーを活用した交差点監視システムの検証を実施すると発表した。

実証実験では、路線長が約9kmのひたちBRT路線内の大沼小学校東停留所南に位置する複雑な形状の交差点の路側に、PSSIが開発した3Dライダーの2020モデルを設置する。交差点内外を走行する車両を検知して、車両の存在、そのリスクの度合いを自動運転バスや乗客と共有する「交差点監視システム」を検証する。

3Dライダーで取得した点群データを解析し、得られた交差点内外の車両位置や進行方向、速度の情報を自動運転バスへ事前に通知するとともに、検知した車両のリスクの度合いまで判定し、色分けしたグラフィック表示でバスの乗客や遠隔監視者へ知らせる。安心・安全な自動運転バスの運行をサポートする。

PSSIが開発した3Dライダーの2020モデルはMEMSミラーによるラスタースキャン方式を採用しており、小型で高密度、高精細な点群データを取得できるとしている。

「ひたちBRT中型自動運転バス実証検討協議会」が実施する「中型自動運転バスによる実証実験の一環で実施する。

《レスポンス編集部》

ピックアップ