ヤマハ PAS、通学・通学向け「アミ」にスマートパワーアシスト搭載

ヤマハ PAS アミ(2021年モデル)
ヤマハ PAS アミ(2021年モデル)全 4 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、通学や通勤に適したシティタイプの電動アシスト自転車「PAS アミ」に、「スマートパワーアシスト」搭載やバッテリー容量アップなどを施した2021年モデルを2021年1月30日より発売する。

PAS アミは、「“かわいい”と“実用性”を両立した通学・通勤車」をコンセプトに、便利な装備や機能、トレンド感のあるデザインを取り入れ、実用性と可愛らしさを両立させたファッショナブルモデルだ。

2021年モデルでは、大型バスケット(約25リットル)や両足スタンド、ファッション性と操作性に優れたデルタハンドル、フレーム同色リヤキャリヤ、レトロな雰囲気を感じる大型テリーサドルなど、実用性と可愛らしさを両立させた装備は継続しながら、スマートパワーアシストの搭載とともに、大容量15.4Ahリチウムイオンバッテリーを新たに採用。長距離通学・通勤での利便性を向上させた。

スマートパワーアシストは、法律で決められたアシスト範囲内で、さらなる快適登坂走行を目指したもの。高回転領域の出力アップを果たし、低速~中速ギアを使った登坂をさらに快適にする。坂道で軽いギア(1速、2速)に切り替えた時などにペダルを漕ぐスピードが速く(高回転)なっても、空回り感なくパワフルなアシストを得ることができる。

ヤマハ PAS アミ(2021年モデル)ヤマハ PAS アミ(2021年モデル)

アシストモードは、「強モード」「オートエコモードプラス」に加え、「スマートパワーモード」を用意する。走行中の人の動きや路面の状況から、最適なアシストパワーを自動で制御。急な坂道や荷物積載時などパワーが必要なシーンではパワフルにアシストし、アシストの必要性が低くなる平坦路や下り坂ではパワーをセーブする。

また、前回使用時(電源オフ時)に選択していたアシストモードを記憶し、次回使用時(電源オン時)に記憶したモードで起動する「走行モードメモリー機能」を搭載する。

ヤマハ PAS アミ(2021年モデル)ヤマハ PAS アミ(2021年モデル)

カラーは「ナチュラルガーリッシュ」をコンセプトとした新色シアンブルーおよびマカロンラテを含む全4色を設定。販売計画は年間3400台で、価格は13万3100円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ