アンカー×GAZOOレーシング、競技用車両の個人間売買サービスを開始

TGR TRADE メイン画面
TGR TRADE メイン画面全 4 枚写真をすべて見る

中古車個人売買事業を展開するアンカーは、トヨタ自動車と共同開発した競技用車両の個人間売買サービス「TGR TRADE」を12月1日より開始する。

クルマ好きなら誰もが憧れる「モータースポーツ」だが、現在、競技用車両は一般的な中古車販売店などではほとんど取り扱われていない。一方、競技用車両オーナーも手放すときにどこで売ればいいのか分からないのが現状だ。

TGR TRADEは、トヨタGAZOOレーシングと中古車個人間売買のアンカーがタッグを組み、競技用車両を個人間売買で安心して取引できるよう開発した新サービス。モータースポーツ参加のハードルを下げることで、その楽しさをより身近に感じてもらい、カーレース界、自動車業界の活性化に繋げていくことが狙いだ。

TGR TRADEは、一般中古車販売店ではほとんど取り扱いのない、競技専用にカスタムされたクルマの売買ができる、これからレースを始めたい人、競技専用車を売買したい人に特化した新サービス。中間マージン・消費税をカットできるため、売手買手双方がお得に売買できるほか、個人間売買なので本当に価値がわかる人とのマッチングができる。

出品方法はニーズに合わせた2種類を用意。「セルフ出品」は、オーナー自身が写真撮影から掲載まで行い、直接購入者と交渉する。WEB完結で、クルマを手元に置きながら無料(成約時は別途利用料が必要)で出品できるほか、希望価格や時期、相手を自分で決められるメリットがある。

一方「ガレージ出品」は、トヨタGAZOOレーシングの地域拠点「GR Garage」(一部対象店舗のみ)にクルマを預け、掲載から交渉まですべてをTGR TRADEが代行する。査定をクリアした競技専用車両をGR Garageの店舗に展示。預けたあとはTGR TRADEが撮影から問い合わせの対応を代行する。個人間売買不成立の場合でも買取が保証され、個人売買成立の場合はさらに高く売れた分を受け取ることができる。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ