アウディがダカールラリー参戦、電動SUV開発中…フォーミュラE参戦は終了

アウディの「ダカールラリー2022」参戦マシン、電動SUVプロトタイプのティザーイメージ
アウディの「ダカールラリー2022」参戦マシン、電動SUVプロトタイプのティザーイメージ全 3 枚写真をすべて見る

アウディ(Audi)は11月30日、2022年に「ダカールラリー」にファクトリーとして初めて参戦すると発表した。

世界一過酷なラリーといわれるダカールラリーは、2020年から舞台を中東のサウジアラビアに変更し、2021年は1月3~15日の13日間に渡って開催される予定だ。アウディその次の2022年大会に初参戦する。

アウディは、ブランド初の市販EVの『e-tron』シリーズを発売するなど、電動化を加速している。この流れに従い、アウディのダカールラリー参戦マシンは、電動プロトタイプSUVとなる。

現在開発を進めているアウディの電動プロトタイプSUVは、電動パワートレインに高電圧バッテリー、高効率エネルギーコンバーターを初めて組み合わせる。強力なモーターによって駆動し、電力は高電圧バッテリーから供給する。高効率の「TFSI」エンジンも搭載され、エネルギーコンバーターを介して、走行中にバッテリーの充電を行う。

なおアウディは、この電動プロトタイプSUVのティザーイメージを1点公開した。アウディは、このプロセスで得られた経験は、将来の電動モデルの開発に生かされる、としている。

なおダカール参戦に伴い、電動フォーミュラカーのレース、フォーミュラEへのファクトリー参戦は、2021年シーズン限りで終了する。

《森脇稔》

ピックアップ