レヴォーグは誰もが幸せになれる…青山尚暉【日本カーオブザイヤー2020-2021】

スバル・レヴォーグ
スバル・レヴォーグ全 6 枚写真をすべて見る

その年を代表する1台を決める日本カーオブザイヤー。「第41回 2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたのはスバル『レヴォーグ』。選考委員を務める、モータージャーナリストの青山尚暉氏は、レヴォーグに満点である10点を与えた。

以下は、日本カーオブザイヤーHPに掲載された青山氏のコメントである。

☆☆☆

新型レヴォーグは操縦安定性や乗り心地の素晴らしさ、スバルの内燃機関=フラット4の集大成といえるエンジンのスムーズさ、驚異的な静粛性を含む動的質感の圧倒的進化はもちろん、アイサイトX、3D高精度地図データによるカーブ・料金所手前での減速制御、安心感ある50km/h以下のハンズオフドライブ、アクティブレーンチェンジアシスト、デジタルコックピットの先進機能、11.6インチの縦型インフォメーションディスプレイの装備、そして、ワゴンとして考え抜かれた本格仕立て、積載性、後席の居住・快適性の向上、さらにSOSコール、スバル iコールといったつながる安心、コネクテッド機能、顔認証システムとドライブモードセレクトの融合といった便利さなど、現代のレガシィ・ツーリングワゴンとしてもレヴォーグを大きく進化させ、世に送り出したスバルの決意、情熱に共感。

スバル・レヴォーグスバル・レヴォーグ

スバルファン、先進的なスポーツワゴンを望むユーザーだけでなく、アウトドア派、愛犬家、そしてトップレベルの安全・安心機能の充実ぶりから、運転初心者やシニアドライバーにも自信を持って薦められる、誰もが幸せになれる1台だと思える。

☆☆☆

スバル・レヴォーグスバル・レヴォーグ

青山氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
スバル・レヴォーグ:10点
トヨタ・ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス:3点
ホンダ・フィット:5点
マツダMX-30:2点
プジョー208/e-208:5点

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ