AIオンデマンド交通サービス実証 さいたま市美園地区で実施予定

みそのREDバス
みそのREDバス全 4 枚写真をすべて見る

NTTドコモは12月9日、さいたま市美園地区で2021年1月18日から2月14日まで、AIを活用したオンデマンド交通サービス実証事業「みそのREDバス」を実施すると発表した。

さいたま市美園地区は、埼玉高速鉄道線・浦和美園駅を中心に、大規模な都市開発が進んでいる。住宅や店舗などの建設や公共施設整備も進展しており、子育て世帯の人口が増えている一方で、地区内での自動車交通量増加が課題になっている。

こうした課題解決に向けて、自家用車に過度に依存しない持続可能な交通環境をめざす取り組みとして、AIオンデマンド交通サービスの実証事業を実施する。

実証事業はドコモやさいたま市、美園タウンマネジメントなどが参画する「さいたま市スマートシティ推進コンソーシアム」が実施するもので、ドコモのオンデマンド乗合交通「AI 運行バス」のシステムを活用して効率的な配車サービスの提供を目指す。

利用者がスマートフォンのアプリで乗降場所と乗車人数を選択して予約すると、車両と運行経路をAIが決定し、アプリには乗車予定時刻が表示される。運行範囲は浦和美園駅周辺で、乗降場所は公共施設、商業施設など約40カ所を設定している。乗車料金は1回当たり大人300円、小学生が150円で、最初の1週間は無料で運行する。バスの利用者に、アプリ内で地域の施設や店舗の情報発信をするほか、クーポンも提供する。

埼玉県内で、ドコモのオンデマンド乗合交通「AI 運行バス」のシステムを活用する事例は今回が初めて。浦和美園駅浦和美園駅

《レスポンス編集部》

ピックアップ