地域密着型MaaS、春日井市で実証実験を実施 KDDIなど

MaaSアプリの利用画面例
MaaSアプリの利用画面例全 1 枚写真をすべて見る

KDDIは12月18日、愛知県春日井市、東海国立大学機構名古屋大学、KDDI総合研究所と、愛知県春日井市高蔵寺ニュータウン地区で、MaaS(モビリティアズアサービス)アプリによる地域密着型MaaSの実証実験を開始した。

新モビリティサービスによる地域活性化を目的とした「自動運転×MaaS実証企画」の第1弾。12月18日から2021年2月28日の間、特定モビリティサービスの利用で、割引率の高い商業連携クーポンが利用できる地域密着型MaaSを実証する。

高蔵寺ニュータウン地区は、充実した都市インフラや良好な住環境を持つ一方で、初期入居者が一斉に高齢期を迎え、坂道が多い土地柄や人手不足などによる路線バスの運行本数減少から、免許返納後の移動手段に不安を抱える声が高まっている。

今回、MaaSの社会実装に向けた取り組みとして、路線バスなどの既存交通や自家用車、徒歩などさまざまな移動手段で目的地までの経路を案内するアプリを開発し、主に子育て世帯をモニターの中心とした実証実験を実施する。

専用のMaaSアプリ「高蔵寺おでかけアプリ」は、協力店舗までの移動手段の経路検索が可能となる。経路検索結果には、路線バス、タクシー、AIオンデマンド乗合サービス、自家用車などを含めた複数経路の時間・料金を表示する。実験協力店舗の一覧と、クーポン有無も表示する。

AIオンデマンド乗合サービスに関しては、アプリから事前予約、クレジットカード決済が可能。2021年1月からサンマルシェ循環バス、AIオンデマンド乗合サービスを利用した日に限り、その料金に応じて協力店舗での商品購入に対する割引が受けられるスペシャルクーポンを発行する。

2020年12月25日まで、実証実験に参加するモニターを募集する。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ