ホンダ CB1300シリーズ 新型、スロットルバイワイヤなど電子デバイス採用…3月18日発売

ホンダ CB1300スーパーフォア(パールサンビームホワイト)
ホンダ CB1300スーパーフォア(パールサンビームホワイト)全 8 枚写真をすべて見る

ホンダは、大型ロードスポーツモデル『CB1300』シリーズをモデルチェンジ。上質で快適な走行を実現する電子制御デバイスを採用し2021年3月18日より発売する。

CB1300シリーズは、ホンダ大型バイクのあるべき姿を追求した「プロジェクトBIG-1」の初代モデル『CB1000スーパーフォア』を継承するビッグネイキッドだ。大排気量エンジンを搭載しながら、素直で軽快なハンドリングを実現。市街地から高速道路、ワインディングまで幅広いシチュエーションで楽しめるモデルとして好評を得ている。

今回、SPタイプを含む『CB1300スーパーフォア』『CB1300スーパーボルドール』ともに、スロットルグリップ操作に対してより緻密なスロットルバルブの制御を可能とする「スロットルバイワイヤシステム(TBW)」を採用。走行状況やライダーの好みに合わせて「スポーツ」「スタンダード」「レイン」の走行フィーリングを任意に選択できる「ライディングモード」や、「ホンダ セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」を採用する。また、高速道路など長距離走行時に一定速度を設定することで、アクセル操作を行わず巡航を可能とする「クルーズコントロール」を採用。ライダーの疲労軽減と上質で快適な走行に寄与する。

純正アクセサリーには、走行時にクラッチ操作を行うことなく、迅速でスムーズなシフトアップ/ダウン操作を可能とする「クイックシフター」をラインアップ。さらに、急制動時にハザードランプを高速点滅することで急ブレーキをいち早く後続車に伝える「エマージェンシーストップシグナル」を採用した。

CB1300スーパーフォア/スーパーボルドールのカラーリングは、フレームをレッド、クランクケースカバーをゴールド色にすることで高級感を演出したパールサンビームホワイト、フレームとクランクケースをブラックにすることで落ち着いた印象を与えるベータシルバーメタリックの2色を設定。各SPモデルのカラーリングは、従来同様としながらもシートにレッドのステッチを配することでスポーティさを演出したパールホークスアイブルーとキャンディークロモスフィアレッドの2色を設定する。

価格はCB1300スーパーフォアが156万2000円、CB1300スーパーボルドールが167万2000円、CB1300スーパーフォアSPが193万6000円、CB1300スーパーボルドールSPが204万6000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV