北米SUVオブザイヤー2021、日本車は残らず…最終選考3車種

ランドローバー・ディフェンダー 新型
ランドローバー・ディフェンダー 新型全 3 枚写真をすべて見る

北米カーオブザイヤー主催団体は12月17日、「2021北米SUVオブザイヤー」(2021 North American Utility Vehicle of the Year)の最終選考3車種を発表した。

北米SUVオブザイヤーは、米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型SUVの中からベストな1台を選出するもの。

2021北米SUVオブザイヤーの最終選考3車種は以下の通り。

●フォード・マスタング・マッハE
●ジェネシスGV80
●ランドローバー・ディフェンダー

フォード・マスタング・マッハEフォード・マスタング・マッハE

最終選考に残ったのは、フォードモーターのフォード『マスタング』シリーズのEV、『マスタング・マッハE』、ヒュンダイの高級車ブランドのジェネシスのSUV『GV80』、ランドローバー『ディフェンダー』新型の3車種だ。

一方、第2次選考に残っていた日本メーカー車はすべて、最終選考に進んでいない。トヨタの新型『ヴェンザ』(日本名:『ハリアー』に相当)と新型『RAV4 PHV』、日産の新型『ローグ』、マツダは『CX-30』が脱落した。また、欧州勢では、ボルボカーズの『XC40』のEVが、最終選考に進めなかった。

ジェネシス GV80ジェネシス GV80

2021北米SUVオブザイヤーは2021年1月、米国で発表される予定だ。前回は、キアのSUVの『テルユライド』が受賞している。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ