新マトリクスLEDはこう変わる!アウディ A8 改良新型、複数のグリルパターンも

アウディ A8 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
アウディ A8 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)全 26 枚写真をすべて見る

アウディのフラッグシップ・4ドアセダン『A8』改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

初代A8は、1994年に『アウディV8』後継モデルとして誕生。日本市場には1995年から導入され、超高級4ドアセダンとして長年親しまれている。2003年の第2世代、2010年の第3世代を経て、現行型は2018年から販売。これが初の大幅改良となる。

今回は2台のプロトタイプをスクープ。それぞれ新設計された異なるグリルデザインを確認することができる。どちらも新しいエアインテークを備え、グリル形状もわずかに異なっている。

アウディ A8 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)アウディ A8 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
2台のプロトタイプのうち、「692」で終わるナンバープレートの車両は、フロントウィンドウにイエローの高電圧ステッカーが貼られていることからプラグインハイブリッド仕様と思われる。同時に、レーザー技術を搭載したオプションのマトリクスLEDヘッドライトを備えるハイエンドバージョンの可能性が高い。

標準ヘッドライトとマトリクスの両方とも、ターンシグナルを兼ねるLEDデイタイムランニングライトがクラスタ上部に移動され、『A3』に似ているが、A8のより大きなフロントエンドに合うよう、下部のセクションが広くなっている。

リアエンドでは、同じ形状のLEDテールライトが引き継がれるが、デジタルOLEDを採用したグラフィックが刷新される。

キャビン内では大きな変化はないと予想され、インフォテイメントシステムと先進安全システムのアップデートが行われるだろう。

パワートレインはキャリーオーバーされる見込みだが、PHEVモデルのEV航続が延長されるほか、ベースモデルでは、燃料消費量の向上、CO2が削減されるなど改善が見られるだろう。

A8改良新型のデビューは2021年後半と予想される。

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ