アウディ A4シリーズ、初のクリーンディーゼルモデルを追加 価格は538万円から

アウディ A4 TDI
アウディ A4 TDI全 2 枚写真をすべて見る

アウディジャパンは、ミッドサイズセダン/ワゴン『A4』『A4アバント』にクリーンディーゼルエンジン搭載モデルを追加し、1月7日より販売を開始する。

2020年10月に商品改良したA4シリーズは、全モデルでブリスターフェンダーを備え全幅を5mm拡大するなど、エクステリアデザインを大幅に刷新した。インテリアでは最新のインフォテインメントシステム「MIB3」を初採用。操作性の向上を図るとともに、よりシンプルでクリーンなコックピットデザインを実現している。また歩行者検知機能付アウディプレセンスシティや、渋滞追従支援機能付アダプティブクルーズコントロールなど、先進運転支援システムを充実させた。

今回、A4シリーズ初となるクリーンディーゼルエンジンTDI搭載モデルを新たに設定。出力の異なる2種類の2リットル直噴ターボディーゼルエンジンと、装備の異なる2種類のグレード「アドバンス」と「Sライン」を用意する。

アドバンスはLEDヘッドライトやLEDリアライト、ダイナミックターンインディケーター、さらにサイドスカートなども標準装備し、従来のSラインよりもさらにスポーティなものとなっている。新しいSラインにはボンネットスリットや専用バンパー、チタンブラックのハニカムメッシュシングルフレームグリルなど、RSモデルのデザイン要素を採用。またインテリアにはブラックグラスルックコンソールパネルを標準装備し、質感を高めている。

アウディ A4アバント TDIアウディ A4アバント TDI

35 TDIは、アルミニウム製のクランクケースや鍛造ピストンを採用することで20kg以上の軽量化を実現。最高出力163ps、最大トルク380Nmを発揮し、トランスミッションはより効率を高めた7速Sトロニックを組み合わせ、前輪を駆動する。またベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)とリチウムイオンバッテリーを搭載する12V MHEV(マイルドハイブリッド)システムを装備。エネルギー回生機能を高め、コースティング(惰性走行)時にエンジンを完全停止するなど、17.1km/リットル(WLTCモード)と優れた燃費性能を実現している。

40 TDIは、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発揮。トランスミッションは同じく7速Sトロニックを組み合わせ、駆動方式は機械式センターディファレンシャルを搭載したクワトロ四輪駆動システムを採用することで、ダイナミックな走行性能を実現している。40 TDI搭載のA4セダンは0-100km/h加速7.7秒、最高速度は241km/hに到達する(欧州仕様車 測定値)。

価格はA4セダンが538万円から612万円。A4アバントは567万円から641万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ