プジョー 208、フランスの最量販モデルに 2020年

プジョー 208 新型
プジョー 208 新型全 6 枚写真をすべて見る

プジョーは1月4日、2020年のフランス本国における新車販売において、『208』(Peugeot 208)が最量販モデルになった、と発表した。

フランスの乗用車市場は2020年、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響により、前年に対して25.5%減少した。そんな中、プジョーの市場シェアは18.3%で、前年に対して1.2ポイント増えている。

牽引役を果たしたのが、モデルチェンジを行って発売された208の新型だ。208は2020年、フランスの乗用車市場において、5.6%のシェアを獲得し、フランスで最も売れた車となった。

208以外では、『SUV 2008』が2020年、フランスのB-セグメントSUVの最量販モデルとなり、4%の市場シェアを獲得した。『SUV 3008』は2.7%の市場シェア、『308』は2.2%の市場シェア、『SUV 5008』は1.2%の市場シェア、『508』は0.6%の市場シェアを獲得している。

プジョー SUV 2008 新型プジョー SUV 2008 新型

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ