トヨタのルマン直系ハイパーカー、680馬力のエンジン音を先行公開 車は1月15日発表

トヨタの新型ハイパーカー「GR スーパースポーツ」(仮称)のプロトタイプ
トヨタの新型ハイパーカー「GR スーパースポーツ」(仮称)のプロトタイプ全 3 枚写真をすべて見る

TOYOTA GAZOO Racingは1月8日、1月15日にデジタル発表する予定の新型ハイパーカー『GRスーパースポーツ』(仮称)のエンジン音を、公式ツイッターを通じて公開した。

GRスーパースポーツは、2018年と2019年のルマン24時間耐久レースで総合優勝を果たした「TS050ハイブリッド」をベースにしたロードカーだ。TS050ハイブリッドは2016年のデビュー以来、優勝を達成するだけでなく、最速ラップタイム更新やコースレコードの樹立など、ルマン24時間耐久レースで数々の歴史を作ってきた。この過程で得たノウハウが、新型ハイパーカーのGRスーパースポーツの開発に生かされる。

なお、TOYOTA GAZOO RacingはGRスーパースポーツの一部スペックも公表した。パワートレインは4WDのレーシングハイブリッドで、最大出力は680ps。車両重量は1030kgに抑えられ、ミシュラン製タイヤを装着する。

TOYOTA GAZOO Racingは、このGRスーパースポーツのエンジン音を、公式ツイッターを通じて公開した。「680hpのハイパーカーのエンジン音から、何本のシリンダーが聞こえるだろうか」としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV