スズキ GSX-R125、新色レッド/ブラックを設定…2021年モデル発売へ

スズキ GSX-R125 ABS
スズキ GSX-R125 ABS全 10 枚写真をすべて見る

スズキは、原付2種スポーツバイク『GSX-R125 ABS』および『GSX-S125 ABS』のカラーリングを変更して1月18日より発売する。

GSX-R125 ABS/GSX-S125 ABSは、初心者や若年層も楽しめる、GSX-R/Sシリーズのエントリーモデル。GSX-Rシリーズの技術を投入した、高出力の124cc水冷単気筒DOHCエンジンと軽量でコンパクトな車体により、伸びやかな加速感を実現。前後輪に17インチの大径ホイールと花弁形状のブレーキディスクや、ABSを標準装備する。

GSX-R125 ABSはGSX-Rシリーズを踏襲したフルカウルのスタイリングを、GSX-S125 ABSはGSX-Sシリーズ共通のイメージとなる低く構えたアグレッシブなスタイリングを採用する。

2021年モデルはカラーリングのみの変更。既存のトリトンブルーメタリック(青)、タイタンブラック(黒)に加え、GSX-R125 ABSは新色ストロンガーレッド/タイタンブラック(赤/黒)を設定する。

価格はGSX-R125 ABSが41万5800円、GSX-S125 ABSが38万2800円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV