メルセデスベンツ「MBUX」に新機能、幅141cmの全面ディスプレイでも利用可能に…CES 2021

質問に車載ディスプレイと音声アシストが回答

MBUXの最新版「MBUXハイパースクリーン」

ディスプレイの有効面積は2432.11平方cm

メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」(CES 2021)
メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」(CES 2021)全 12 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は1月11日、米国でデジタル開幕したCES 2021において、「MBUX」(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)の新機能、「メルセデストラベルナレッジ」を発表した。

「MBUX」は、メルセデスベンツの新世代のインフォテインメントシステムだ。このシステムの特長は、人工知能(AI)によって学習することにある。MBUXはカスタマイズ可能で、ユーザーに適応する。無線通信での更新も可能だ。タッチスクリーンで操作する高解像度のワイドスクリーンコックピット、拡張現実(AR)技術を備えたナビゲーションディスプレイ、「ハイ、メルセデス」で音声アシストが起動するインテリジェントな音声コントロールが含まれている。

質問に車載ディスプレイと音声アシストが回答

メルセデスベンツは1月11日、米国でデジタル開幕したCES 2021において、このMBUXの新機能、メルセデストラベルナレッジを発表した。

メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」(CES 2021)メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」(CES 2021)

このインテリジェントな機能は、地図データと車両周辺のデータを検証し、個々の建物や名所から都市全体まで、ルート沿いの興味深いランドマークに関する多くの情報を提供する。ドライバーや乗員は、「ハイ、メルセデス。この建物について教えてください」など、MBUXに質問することができる。

また、「ハイ、メルセデス。左に見えるレストランの名前は何ですか?」と質問すると、そのレストランの情報が車載ディスプレイに表示されるだけでなく、音声アシスタントによって回答される。クラウドを介したMBUXの柔軟なアップデートシステムのおかげで、この機能は『EQS』に加えて、新型『Sクラス』でも利用できるようになるという。

メルセデスベンツの「MBUX」の新機能「メルセデストラベルナレッジ」メルセデスベンツの「MBUX」の新機能「メルセデストラベルナレッジ」

MBUXの最新版「MBUXハイパースクリーン」

このメルセデストラベルナレッジは、MBUXの最新バージョンを搭載する「MBUXハイパースクリーン」でも利用できる。MBUXハイパースクリーンは人工知能(AI)を利用して、インフォテインメント、快適性、車両機能の操作と表示を、新しいレベルに引き上げているのが特長。大きく湾曲したスクリーンユニットが、ダッシュボードの横幅いっぱいに配置される。これにより、直感的で簡単かつ、感情的なデジタル体験を可能にするという。

メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」

EQS向けの最新MBUXシステムは、8CPUコア、24ギガバイトRAM、46.4 GB /秒のRAMメモリ帯域幅を持つ。1台の多機能カメラと1台の光センサーの測定データを利用して、画面の明るさを周囲の条件に適合させることができる。マッサージプログラムから誕生日のリマインダー、やることリストの提案まで、20以上の機能が人工知能(AI)の助けを借りて自動的に提供される。

学習可能なソフトウェアにより、表示や操作がユーザーに適応し、インフォテインメント、快適装備、車両機能について、ユーザーに最適な提案を行う。いわゆる「ゼロレイヤー」(最も重要なアプリケーションにアクセスするには、0のメニューレベルをスクロールする必要がある)のおかげで、サブメニューをスクロールしたり、音声コマンドを実行したりする必要がない。最も重要なアプリケーションは、常に状況に応じてトップレベルに表示される。

メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」

タッチスクリーンの下には、操作中の触覚フィードバック用に合計12個のアクチュエータが内蔵された。指が特定のポイントに触れると、カバープレートに目に見える振動が発生する。

ディスプレイの有効面積は2432.11平方cm

メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」

MBUXハイパースクリーンの湾曲したスクリーンは、複数のディスプレイがシームレスに融合しているように見える。エアダクトは、この大型デジタルディスプレイと一体設計された。スクリーンの幅は141cmに達する。ディスプレイの有効面積は2432.11平方cmだ。鮮やかな表示を追求するために、OLEDテクノロジーが中央と助手席側のディスプレイに使用されている。すべてのグラフィックには、青とオレンジの配色が使われた

MBUXハイパースクリーンは、プラスチック製のフレームに囲まれている。「シルバーシャドウ」と呼ばれる3層コーティングシステムは、非常に薄い中間層を持ち、高品質の表示を実現するという。MBUXハイパースクリーンの下部にはアンビエント照明が組み込まれており、ディスプレイユニットがインストルメントパネルに浮かんでいるように見える。

メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」

MBUXハイパースクリーンは、最大7つのプロファイルでコンテンツをカスタマイズできる。助手席前方のディスプレイには、エンターテインメント機能がある。助手席に乗員がいない場合、メルセデスベンツのパターンとして、アニメーション化された星が表示される。

MBUXハイパースクリーンは、直感的な操作を可能にする。EVモードで走行している場合、ブーストや回生などのEVパワートレインの状態が、クラスプを使用した新しい方法で視覚化される、としている。

メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」メルセデスベンツの「MBUXハイパースクリーン」

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  5. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  6. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  7. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  8. 体温、何度で仕事を休む?…3つの節目 タニタ意識調査
  9. オートバックスグループ、「AUTO IN車検・タイヤセンター」6店舗を運営開始
  10. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
ランキングをもっと見る